初心者向けのアドバイス

デジタルチケット

初心者向けのアドバイス

夜行バスは基本的に長時間乗ることが多いですので、他の乗り物よりもマナーにはより一層気をつける必要があります。例えば、リクライニングシートを倒す時などは、後ろの席の人に不快に思われないためにも、必ず一声をかけてから倒すことが大切です。また、夜行バスには消灯時間というものがあり、基本的に消灯時間の後は飲食はしないつもりで出発することをおすすめします。皆が寝静まっている時に、音が出たり匂いの強い食べ物を食べるのはけっこう勇気がいりますので、控えるのが良いでしょう。ただ、たまに消灯時間後にお酒を飲んでいる人も結構いたりしますので、どうしてもお腹が減って眠れない時のために音と匂いのしない一口サイズのゼリーなどを手荷物に持っておくと安心です。夜行バスでは、消灯時間にバス会社からマナーモードに設定するか電源を切るようにアナウンスされます。消灯時間後に眠れない人などは、たいていイヤホンなどを利用してスマートフォンや携帯ゲームなどで時間を潰したりしている人もおおいです。また、当然のことながら、スマートフォンでの通話は禁止されていますので、用事があるときは消灯時間の前に早めに済ませておきましょう。夜行バスで良くある迷惑行為が、スマートフォンで音楽やゲームなどしている時に、シャカシャカと音が漏れていることです。周りが眠っていて静かなので、普段よりも音漏れの影響が大きくなり、周りの人に迷惑をかける場合がありますので、こちらも気をつけたい点です。また、長旅で疲れて急にくしゃみや咳が出たりする時がありますので、マスクなどを持って行っておくと安心です。